色と塗料への想い:社長インタビュー

代表取締役 石井康弘 1974年11月9日生まれ

わが社は『色』を合言葉に
・信頼され必要とされる企業をめざします。
・求められるニーズにアイデア・技術力をフルに提供します。
・リサイクル、環境対策に従事し、地域社会に貢献します。

ゼロ地点の荒野に掲げた、理念という名の道しるべ

■先代の跡を継ぎ、石井さんが社長に就任したのはいつですか?

2006年の6月です。

■社長に就任された翌年に、石井化成品としての経営理念を作られた。これはどうして?

会社としての理念や指針はあって当たり前。逆にないままに動いている会社っていうのは、何となく潰れないでいるだけの組織だと感じたんです。私が社長になった以上は、わからないままやっていくという、それまでのいいかげんな経営状態を何とか脱却し、打破したいと。正直言ってその頃というのは、組織として天狗になっていた部分があったと思うんですよ。

■以前の石井化成品は、どういう状態だったのでしょうか?

利益が出ても、その利益が出た理由がわからない。赤字になった理由もわからない。自分たちが会社として困っているのか、そうじゃないのか理解できていない。修繕するための資金繰りが必要になったら多めに借りる。余ったら、深い考えなしに別のことに使ってしまう。後になって「いったいこの借金は、何のための借金だったんだ?」という疑問に、会社の誰もが答えられない。そういう状態でしたね。

■会社の空気がクリアじゃないし、前向きじゃない感じはしますね。

言葉は悪いですけれど、以前はワンマン社長と召使いしかいない会社でしたね。それも「やれ」って言われたことをやるだけの召使い。先代は人情に厚い経営者ではありましたけど、それだけじゃ人は育たないんだってことを痛烈に学びました。

■そんな状態を経て、石井さんが社長に就任された。トップの意識から、石井化成品は変化していったんですね。

ええ。就任してみて、まず私が感じたのは「社長が変われば会社そのものが変わっていけるんだ」ということですね。それまでの状態を一瞬で清算することはできないけれど、まずは、いったんゼロ地点に戻そうじゃないか、って。

■それまでをリセットして、そこから始めようと。

そうです。だからこそ、会社としての理念が、そこで必要だったんです。なぜそれまでなかった理念を作ったのかを、社員全員に伝え、これからはワンマン経営じゃない。みんなで頭をひねってアイデアを出し、社長がいちいち指示しなくても自らが率先して行動していく社員の集合体になるんだってことを、懸命に説明しましたね。

扉の先に見えた、仲間たちとの進むべき未来絵図

■それまでの、ある種よどんだ空気というのを一変させていくのは相当にたいへんだったと思うんですが…。

それはそれは分厚い扉でしたよ(笑)。製造部の市村とも、その頃はガンガンやりあいましたからね。彼もこの会社を愛してますから、最後には「一緒に盛り立てていきましょう」って気持ちが繋がって。

■そうだったんですか。今の石井さんと、調色の鉄人・市村さんとの信頼関係は、その頃を経たうえで構築されていったものだったんですね。

そういう日々や想いを重ねて重ねて、その分厚い扉を何とかこじ開けること ができた。その開いた扉の先にあるのが、階段なのか、あるいはエスカレーターなのか、それともエレベーターなのかはわからないけど、とにかくできることをしていって前へ進んでいこうじゃないか、上へ昇っていこうじゃないか、って気持ちでしたよね。

■確かに、いきなり途方もないほど上を見ても実現していかない。自分たちのスタンスを明確にして進もうってことですね。

そのかわり漫然と進んでもダメ。やるからには、個人個人が目標を持たないと意味がない。自分自身も24歳で帰郷し、会社に入って何年間かは無我夢中でやってた。それはそれで、意味のあることだったとは思いますけど、こんなたいへんな時代に、組織として生き残っていくためには、それだけじゃダメだって気がついたんですよね。

石井化成品株式会社
〒303-0031
茨城県常総市水海道
山田町1141-4

TEL0297-23-2594